富士登山の人気

富士登山が相変わらずの人気を誇っていますが、
あなたは富士山へ登った事がありますか。



今ではもう落ち着いてきましたが、
数年前まではそれこそ富士登山のピークともいえる時期があり、
かなりの登山者で困惑しておりました。



初心者の多くが五合目まで車で来て、
いつも駐車場が満車の状態で、
車の方が多いのではないかと
思えるほどの大渋滞でした。



さらに、一台の車から大勢の
登山者が降りてくるわけですから、
それはもう想像を絶する程の
人ごみと言っても
過言ではありませんでした。



車を降りると人の長蛇があり、
頂上にたどり着くまでに、
何度も何度も足止めを食らってしまい、
結局何が楽しくて富士山に登っているのかも
分からなくなった時がありました。



登山口は複数ありますが、
それでも何故あれだけの人数が
集まったのか不思議な時期があり、
それだけ人を引き付ける
何かが富士山にはあるのでしょう。



そんな富士登山の思い出がありますが、
今では落ち着いており、
比較的初心者でも安心して楽しみながら
登山が出来るでしょう。



これから富士登山を経験する方は、
ぜひこのサイトの情報をお役立てください。


スポンサード リンク

登山の持ち物

登山に必要な持ち物ですが、
あげればキリが無いくらいですので、
重要な部分だけ抜粋して
紹介したいと思います。



まずはどの山に登るのかも
考えなければなりませんが、
過酷な登山であれば重装備が必要ですし、
自然歩道のある山や、
初心者が登山体験する高尾山程度であれば、
そこまでの準備も必要は無いと思います。



ここでは初心者を対象として、
簡単な登山を想定してお話ししておきます。




靴:登山靴、トレッキングシューズ、
あるいはスニーカー

ザック:日帰りや短時間の登山でもあると良い

水筒:水分補給は常に重要です

腕時計:時間配分は重要です。防水性の腕時計にしましょう。

ティッシュ:ポケットティッシュよりも
トイレットペーパーを準備しましょう。

軽食:非常食としても、
カロリー補給の出来るものや日持ちするもの。

ビニール:ゴミは捨ててなくても、
見つけたら拾いましょう。

救急用品:手軽な救急セットでもあると良い。

タオル:汗拭きは必需品ですね。




あげればキリがないですが、
高い山に登るほど、
持っていくものも多くなると思ってください。



登山を甘く考えていると
非常に危険でもあります。



私は富士登山中に、
軽装で登山する若いカップルを見かけて、
とても危険だと感じましたので、
声をかけた記憶があります。



実際には富士山の
危険地帯には行かないでしょうが、
悪い見本を真似されると危険ですからね。


スポンサード リンク

富士登山は、山小屋や救護所が開設されている時期に
登るのが安心ですのでお勧めです。